分限を超えることが基本

投資は余剰資金で、というのが基本中の基本ではありますが思いっきり投資をすること、分限を超えることも一つの魅力ではあります。もちろん、極めてリスキーではありますが、それでも株式の信用投資などは魅力的ではあります。気をつけるべきことは、なんといってもあまりにもよく動く株式には手を出さない、ということです。かなりの可能性で、ということがわかっているのであればそれはよいでしょうが、そうでないならば安定したところで信用取引をするべきでしょう。

どの程度のレバレッジでやるのか

株式の信用投資にも言えることですが、まずは倍率が大事になります。つまりは、何倍の取引をするのか、ということになります。例えば、100万円の資金で10倍のレバレッジの場合、1000万円の取引ができるようになるわけです。当たり前ですが、これはなかなか厳しいことになります。1割も自分の投資した方向と反対に進むことになりますと持ち金がなくなるからです。それこそが信用取引の怖いところになります。しかし、その逆もあるのです。

利益となる部分について

株式の信用取引で、10倍の取引をしているならば、1割も大きく自分の思い通りの方向に進んだとなりますとそれは元金の倍になった、ということでもあります。つまりは、利益率が100%になりますから、これは素晴らしいリターンであるといえます。もちろん、相当に怖いことでもありますから、失敗したときの覚悟は必要になりますが、それこそが信用取引の魅力です。株式投資の場合は現物も十分に可能ですから、そこまで信用取引に固執することはないでしょう。

株の信用取引をすることで投資のチャンスが広がります、例えば資金の最大三倍まで株式会社の購入が出来たり、逆に株を借りて売るポジションが取れたりと、買うと売る両方で投資が出来ます。