オンライン上で完結する!

通信制大学は、仕事をしながら学ぶ社会人の生徒の割合が高いことで知られています。スクーリングや試験の為に、ある程度は直接キャンパスに行かないといけない点がその人の仕事の性質によっては少し大変だったりすることもありますよね。でも、オンライン上の授業と試験を受けるだけで卒業までいける通信制大学もありますし、オンライン専用の講義を開講する大学も増えているんですよ。これからオンライン授業はもっと充実していくことでしょう。

映像授業を見て学ぶ!

教科書や学習用の教材は、ダウンロードする場合と、決められた教材を購入する場合とがあります。その通信制大学ごとに違うので気を付けましょう。ダウンロード教材だとパソコンやUSBメモリに保存して使うことになります。授業はストリーミングの動画を見ながら学んだり、生の授業が行われている時間にアクセスすることで、チャットで質問などをしながら学ぶ形態などがあります。ディスカッションも文字だけのやりとりや、ライブチャットなどで行います。

オンライン授業の単位の取り方は

同じ通信制大学でも、その科目ごとに単位の取り方が異なる場合がありますから、よく普段からの授業を受けておくことです。基本的にはレポートなどの課題を提出するか、単位認定試験を受けて、その結果が良好な場合に単位をもらうことができます。レポートや試験は、オンライン授業をすべて履修していないと受けることができません。試験を受けることが難しい場合は、代わりのレポートの提出が認められているシステムの大学もあります。

通信制大学とは、主に、自宅学習をしてレポートを提出することにより単位を取得して卒業を目指す大学です。科目により、スクーリング学習があります。仕事をしながら時間を有効活用して大学卒業することが可能です。