ネットで買い物をする時に、着払いだと高く付く

最近はネットでの買い物をする人も沢山いますが、そこでの決済で着払いの代引きで支払いをするとかなり高く手数料が付いてしまいます。クレジットカード決済ならば数百円の手数料も、代引きにするだけで500円程度の代引き手数料がかかるということも多いです。なので、インターネットショッピングを利用する時には、着払いの代引きではなくその他の決済方法を利用したほうがあっという的にお得で、賢いお買い物方法となっています。

コンビニが近くにあるならCVSネット決済

そして、代引きよりも安い手数料になる方法の一つが、CVSネット決済によって支払う方法です。これはコンビニエンスストアで支払いが出来るのが特徴で、近くにコンビニがある方は、この方法が便利になってきます。手数料も安く、プリンターがあれば支払いのための用紙を印刷することが出来ますし、プリンターがなくても口頭で支払い番号を伝えればその場で支払いが出来ます。ただ、クレジットカードと比べると、コンビニに出かける必要性があります。

最強のネット決済方法として名高いクレジットカード

そして、インターネットショッピングにおいて、最強と名高い決済方法、よく使われている決済方法がクレジットカード決済です。クレジットカードならば、コンビニへ行く必要がありませんし、決済をしたら直ぐに支払いが完了してきます。なので、近くにコンビニが無い方はクレジットカードで決済が出来るようにしておくのがオススメです。また、クレジットカードで決済をすればカードによってポイントが貯まりますし、決済履歴が残りますので後から家計簿もつけやすいです。

決済代行とは、クレジットカード会社と業者の間に入り、クレジットカードの決済の手続きなどを行う事です。このサービスを利用する事で入金のタイミングなどを気にせず代行して事務処理を簡略化する事が出来ます。